2017-10

「誰でも簡単1億円」​ の実際

From news@creative-opus.info
日付 2011年9月19日13:37
件名 「誰でも簡単1億円」 の実際


ますます景気は悪くなる一方です。

なんか株価は能天気に上がってますけど、
一般社会に不況の影響が出るのはもうちょっと先ですから。

そんなこんなで、生きてく上での不安から在宅ワークが流行してきてます。

しかしそれと一緒に詐欺も増えてます。

在宅ワーク詐欺については、以前も何回か書きましたので、
今回は「情報商材」について考えてみましょう。

みなさん良く見かけますよね?
「誰でも簡単1億円」
「不労所得で月100万円」
「一日15分、ある所にメールをするだけで5万円」
「公的機関に申請するだけで毎月50万円」

などなど・・・。

最近グーグルアドセンスの広告も半分位がこんなのばっかです。

私のブログにもいっぱい出てますね。


では「情報商材」とは何か?

これは情報そのものに価格をつけ、レポートなどにまとめて販売する商材のことです。

一般的にこのような情報を売ることを「情報起業」と呼びます。

もちろん発症はアメリカ。
初期はその人しか知らない有力な情報や専門的なノウハウ、
また、書籍化するには費用も労力もかかるため、
ネットの特性を生かし、ピンポイントの情報のみを得たい人のために、
有益な情報を売る、というビジネスでした。

しかし、最近では、その99%が粗悪な情報であり、
日本社会では情報商材=詐欺として認識されています。

そもそも販売手法に問題があり、
例えば2重価格や誇大広告など違法な手段が普通に使われてます。

またその内容も、
・目や耳が聞こえないふりをして補助金を貰え
・うつ病を演じて補助金を貰え
・金を消費者金融などで借りまくり、自己破産しろ
・臓器売買をしろ
・腕を切って補助金を貰え
など、犯罪そのもののケースも良くあります。
また、買った情報をそのまま転売して稼げ、なども多いです。

他によくあるのは、
在宅ワークの稼ぎ方や、アフィリエイトの成功方法などもありますが、
その99%は常識的なことししか書かれておらず、
基本的には全て無料で調べることのできる内容となっています。

良くある比較検証サイトなども、
出会い系のそれとまったく同じで、
信用させて売らせる手段でしかありません。

また、販売手法はねずみ講やマルチ的要素も強いのが特徴です。

しかし、販売元の住所が架空で連絡が取れないことも多く、
また、それを詐欺と断定するのは難しいこともあり、
なかなか取締りは進んでいません。

もちろん被害者も急増しており、
刑事告訴されるケースも増えてきたので、
今後は徐々に衰退していくとは思いますが。


しかし、こういったものが世の中に氾濫しているのは、
やはり気分が悪いですよね。

中には優良なものもある、なんて頭の弱い人が言ってますが、
1/100の確率なんです。

だから限りなくクロに近いグレーという人もいますが
これを一般社会では『完全なクロ』と言うんです。

売りっぱなしの情報商材業界はもう終わってるんです。

わざわざ詐欺が氾濫している業界で、
良い情報を売る人がいると思いますか?

答えはNOなんです。

本当に良い情報を持っている賢い人は、
違う手段を使うはずですから。



しかし、こういった人間の弱いところに付け込む商売は消えることはないでしょう。
自分自身で気をつけるしかないんです。

甘い言葉には必ず裏があるんです。
この事を必ず忘れないでください。


『ノーリスクで、楽して稼げる情報商材なんて売りません。
           そんなのあったら自分でやります。』

もちろんうちでは情報商材なんて売りません(笑)





本日の担当:高橋

*************
WEB版ビジネスインフォメーション
http://creative-opus.info/m/recive.php?dis=25xx&meno=34xx&adid=1
本誌ではご紹介しきれない情報もりだくさん!

メルマガ停止はこちら
stop-200ymh@rainbow.am

テーマ:迷惑メール - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://spamsokuhou.blog.fc2.com/tb.php/64-09385aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:spamsokuhou


今日届いた新鮮なスパムメール(迷惑メール)を紹介していきます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

スパムメール (539)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる